もずく本舗

  1. HOME
  2. もずく本舗
“もずくで日本を元気に! 勝もずく
キーワードは日本を元気に!
商品名である“勝もずく(かつもずく/かちもずく)”は生産者の勝水産の“勝”を採用し様々な想いを込めてネーミングしました。
・自分に勝つ
・病気に勝つ
・勝負に勝つ
・試験に勝つ
・ダイエットに勝つ
・仕事に勝つ
健康食材である“もずく”を通して、日本の皆さまに元気をお届けして参ります。
“もずく本舗

所在地

“もずく本舗
もずく本舗
所在地:〒沖縄県石垣市新川2376-27
バスターミナル・離島ターミナルから車で約5分
(※具志堅用高記念館の2軒隣です)

代表挨拶

『もずくで日本を元気に!』
これは私が『もずく本舗』を立ち上げる際に掲げたモットーです。

私は一昨年に、12年間の会社員生活に終止符を打ち、ライフワークを探す旅に出ました。決断には長い時間がかかりました。というのも、当時の仕事にはやりがいもあり、充実した日々を送っていたからです。

ある時、学生時代から生活してきた東京を離れ、地方への転勤を経験しました。
この時にこれまで東京で行ってきた仕事が、地方でなんら不便なくこなせてしまったことに、不思議な感覚を覚えました。その後国を超えてベトナムに赴任した際も同じような感覚に陥りました。

もともと田舎育ちの私は、美しい自然や文化が残る地方(田舎)と、世界をリードする経済都市“東京”を行き来する生活の中で、何かこの架け橋になるようなことができたら楽しそうだな……と、こうした経験を通して、自然と感じるようになっていったのです。

“もずく本舗 “もずく本舗 “もずく本舗
日本のバブル時代を知らない私ですが、東南アジアを中心にした約1年間の旅の中では、めざましく経済発展を続けるアジア諸国の活き活きとみなぎるパワーを肌で感じることができました。それぞれの国ごとに置かれている状況は異なりますが、自国に誇りを持ち前に進む姿に強く感銘を受けました。

どの国にも異なる伝統や(食)文化があり、長い年月をかけて培ってきたそれはどれも素晴らしいものでしたが、
一方で、外から俯瞰してみることで改めて、日本の伝統や(食)文化の素晴らしさも、強烈に再認識することができました。そして、日本の素晴らしさを伝えられる何か、そんなことをライフワークにしたいなぁ……と思いはじめたのです。
“もずく本舗 “もずく本舗 “もずく本舗
海外で経験した、物質的には決して豊かとはいえない環境や社会インフラが不安定な中でも、それを楽しむかのように笑顔で生活をしている現地の人たちの“元気”のもとは、やはり“食”。旅をしたどんな田舎町にも美味しい料理があり、旅の活力となっていました。日本に戻ったら“和食”を堪能したいとの思いが強まり、帰国後はこれまで以上に“和食”に感謝し、いただくようになりました。
帰国後に、たまたま観光で訪れた沖縄の離島である石垣島。ここは、美しい大自然、美味しい食材、元気な人々と三拍子揃った素敵な場所でした。世界中からダイバーが集まる海は、息を飲む程美しく、その海の魅力に引き込まれます。

“もずく本舗 “もずく本舗 “もずく本舗

さらに、宿泊先でいただいた“もずく”の美味しさに心底感動し、そこからは三食“もずく”をいただく生活を送るように。沖縄は長寿の島と言われますが、大自然に恵まれ、食生活も豊かであることがその秘訣ではないかと感じるようになりました。
私自身も不思議と心身共に好調な日々が続き、この“もずく”という得体のしれないモノの魅力に取り憑かれていったのです。調べてみると“もずく”にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれており、しかも超低カロリーの健康食材である、とのこと。そんな中、石垣島で一番のもずくの生産量を誇る玉城さんと出会い、まもなくもずく本舗を設立させていただく運びとなったのです。

もずく養殖の繁忙期には自ら海に潜り、自分の手でもずくを育ています。長い日は1日8時間以上も海の中での作業となります。自然相手の仕事ですので雷の中船を走らせたり、寒さに震えながら海に潜ったりと、厳しい状況の時もありますが、“美味しいもずくの為に!”日々奮闘しております。“沖縄”という地で育った健康食材を全国の皆さまにお届けし、美味しい笑顔と元気の総量を底上げしてまいります!

“もずく本舗 “もずく本舗 “もずく本舗

日本を元気にしたい! これは私が会社員時代から持ち続けている思いです。 もずく本舗はその思いを形にするためのプロジェクトの根幹であり、そして序章でもあるのです。

“もずく”を通して皆さまに元気をお届けし、日本を活性化してまいります!


長文お読みいただき、ありがとうございました。

“もずく本舗田中秀典
もずく本舗
田中秀典

キャラクター紹介

“もず男-Mozuo-
もず男-Mozuo-
名前は“もず男”くん。誕生日は2016年12月8日。明るい日本の未来を思い描きながら日々活動中。持ち物はペンじゃなくて扇子だよ(笑)
“もず子-Mozuco-
もず子-Mozuco-
もず子ちゃんはこんがり焼けた肌が素敵なオシャレさん。ハイビスカスの飾りがチャームポイント。いつももず男くんを影で支えているよ。

もずく本舗 Instagram

みんなのレシピ

ご注文・お問い合わせ

注文専用ダイヤル
050-3695-2030
電話受付:9:00~17:00
※年中無休
FAX注文
0980-88-6478
pdf 注文用紙ダウンロード

簡単注文フォーム

もずく情報館

・ もずくの塩抜き方法