生産工程

  1. HOME
  2. 生産工程

『勝もずく』ができるまで

もずくの収穫時期は一般的に3月〜6月ですが、8月上旬の天然採苗からはじまり約10ヶ月もの期間をかけて大切に育て上げられます。自然と調和しながら海人が育てる流れをご紹介いたします。

天然採苗/8月〜11月
シートにもずくを着生させます

もずく養殖場にシートを張り、天然のオキナワモズクを着生させます。この採苗シートに付着する多種の藻をきれいに取り除きます。非常に重要な工程です。

天然採苗天然採苗

種付/11月〜2月
網板に種を付けていきます

ある程度もずくが成長したら(5cm程度)採苗シートをタンクに投入して網に種付けをします。

種を付けていきます種を付けていきます

苗床(生産)/12月〜3月
海に網を張る(苗床)

種付けした網5枚〜10枚を1セットにして苗床と呼ばれる場所に網を設置します。

苗床(生産)苗床(生産)

本張り(生産)/1月後半〜5月
海に網を張る(本張り)

苗床で1センチから2センチ程度まで芽出しした後に1枚ずつ本張りをします。

本張り(生産)本張り(生産)

収穫/4月〜6月

成長したもずくをホースで吸引し収穫していきます。吸い上げられたもずくはバーキと呼ばれるカゴに入れていきます。バーキには1箱約40kgのもずくが入ります。1日の収穫量は100箱を超えることも!?

収穫収穫

パック詰め

港から加工場に搬入されたもずくはすぐに天然の塩を加えて、貯蔵庫にストックしていきます。その後、洗浄機を使い異物を除去します、洗浄機で除去できない異物は目視選別で取り除き、丁寧に袋に詰めていきます。

パック詰めパック詰め

出荷

石垣島は離島の為、個別に空輸便を使用すると送料が割高になってしまいます。
もずく本舗では、一旦本州の配送センターにストックし、そこから全国に出荷することで安価にお届けすることができております。※一部、石垣から直送する商品もございます。

出荷出荷
みんなのレシピ

ご注文・お問い合わせ

注文専用ダイヤル
050-3695-2030
電話受付:9:00~17:00
※年中無休
FAX注文
0980-88-6478
pdf 注文用紙ダウンロード

簡単注文フォーム

もずく情報館

・ もずくの塩抜き方法